乳がん 健康

乳がんが見つかったらどんな治療をするの?

投稿日:2016年7月4日 更新日:

0-10乳がんが見つかったら、どんな治療をするのかを説明します。

治療方法には大きく分けて3つの治療方法があり、乳がんの病状の進み具合に合わせ、それぞれの方法を組み合わせて治療を行うことがほとんどです。

・手術
・薬物治療
・放射線治療

手術には、乳房を温存する方法や、範囲が広い場合は乳房を全摘出する場合もあり、他にも腋窩リンパ節を切除する手術もあります。

薬物治療には、化学療法・ホルモン療法があり、化学療法は手術の前後に行い、ホルモン療法の方は化学療法を行った後、5年間くらい行われることが多いです。

また、ホルモン療法は、ホルモン感受性乳がんの患者にのみ行われます。

乳がんの進み具合や症状による適正によって、手術前に薬物治療をする場合もありますし、手術後に化学療法を施すなど、患者の病状に合わせた治療が行われるのです。

放射線療法は、乳房温存療法を選択した人に行われ、通常は5~6週間治療を続けます。

再発の予防には、放射線療法はとても有効であるとされているようです。

-乳がん, 健康
-

Copyright© 知恵の輪 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.