サウナ 健康

温度が肝心のサウナ効果

投稿日:2016年8月19日 更新日:

319298サウナ効果には色々あるので、何か目的を持って楽しむと良いでしょう。 もちろん日課にしても何ら問題なく、フィンランドでは入浴がわりにサウナが用いられているため毎日のようにサウナ効果を実感しているでしょう。 私達の環境で毎日サウナというのは難しいかもしれませんが、何か特別な区切りでサウナ効果を楽しむ程度ならば十分に可能です。 週末の楽しみやスポーツ後のリフレッシュに、サウナを楽しんでみませんか。 普段あまり汗をかく事のなくなった私達だからこそ、サウナ効果で大量の汗をかく行為に魅力を感じているのかもしれません。 もちろん、ベタベタした汗ではなくスカッと爽快な汗です。 善は急げと明日にでも、早速サウナ効果を体感してみては如何でしょう。 サウナ効果を実際に肌で感じてみるのも良いですが、まずは知識から入ってみませんか。 サウナの歴史を知ることで、何か閃きが生まれるかもしれません。 サウナの歴史は1000年とも2000年とも言われるほどで、そんな昔からサウナ効果を実感していたとなると何だか贅沢に思えますね。 北欧はフィンランドでその原型が誕生したとされるサウナは、今の様々なサウナ効果の追求から生まれたサウナ達とは少し様子が異なります。 日本にある様々なサウナを見て、昔のフィンランド人は腰を抜かすかもしれません。 フィンランドという厳しい環境があったからこそ、サウナ効果が注目され発展してきたと言っても過言ではないでしょう。 ところで、サウナにおいて重要なのは湿度と温度です。 この二つの組み合わせ方によってサウナ効果も違ってくるとさえ言えるほどで、サウナを利用する前に確かめておきたいポイントです。 サウナ効果は乾式と湿式から分けることが出来、どちらでも好みのサウナを選ぶと良いでしょう。 本家フィンランド式サウナは乾式に分類され、温度は100度近くにもなります。 温度が100度になっても火傷をせずに済むのは湿度が低いお陰で、だからサウナ効果が得られるのです。 一方の湿式サウナは温度が低いのが特徴で、代わりに湿度が100パーセント近くあり女性に嬉しいサウナ効果が満載です。 肌がしっとりするという声が非常に多く、また乾式に比べて無理なく入っていられるので誰もが気軽にサウナ効果を体感出来るサウナとして注目されています。 サウナの温度が高い時は湿度が低く、また逆も成り立つと覚えておけば便利です。 その中間に位置するサウナもあり、これは両方のサウナ効果を体感できるかもしれません。 サウナ効果について詳しくは、ブログやサイトからチェックしてみると良いでしょう。

-サウナ, 健康

Copyright© 知恵の輪 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.