仕事 就職

就職セミナーに参加するときの服装

投稿日:2016年8月31日 更新日:

0-09実際就職活動の間に就職セミナーに行く場合にはどんな格好で行くものなのでしょう。大抵はスーツですが、中には私服もOKですというセミナーもあります。会社の雰囲気にもよりますが、基本的にはスーツが社会人のベーシックな服装です。服装は自由と書かれている会社でも、就職セミナーにはスーツを着用するものというのが一般的な考えではないでしょうか。私服で来るようにという指定があるセミナーで、スーツで行くことは逆効果になります。相手企業が何を求めているかを読み取ることができるかどうかは、就職活動では非常に大事なポイントです。たとえ私服といっても、あまりにもカジュアルすぎる服装は避け、ある程度きちんとした格好にしておくのが無難です。ジーンズにスニーカー、派手な色の服装はNGと考えていいでしょう。就職活動の時には、持ち物に気を使うことも大事です。資料や書類を企業からはもらうこともよくあるので、A4の用紙が入るぐらいの大きさのカバンが、筆記用具の他にいるでしょう。就職活動においては、服装も選考ポイントの一つになります。アパレル業界などでは、今日の服装について説明を求めたりすることもあるようです。就職活動で成功するためには、服装のみならずセミナーのときの態度や言葉遣いなどにも気を付けたほうが良いでしょう。

-仕事, 就職
-

Copyright© 知恵の輪 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.