母子家庭

人物 芸能

長友佑都の注目された母

投稿日:2016年12月6日 更新日:

母子家庭長友佑都がインテルにレンタルとはいえ移籍した事は、日本サッカー界にとって非常に大きなニュースでした。
日本人サッカー選手が海外のクラブへ移籍する事自体は珍しくないものの、長友佑都のようにビッグクラブへの移籍は今までありませんでした。
ただ、スタメン出場しただけでニュースになる事を考えると、まだまだ長友佑都を主戦力とは考えていないのでしょう。
しかし、だからと言って長友佑都の評価は決まりません。
サッカーは連携が大事ですからね。
それに、もちろん個人によって違いはあるもののサッカー選手の目標といえばワールドカップであり長友佑都にも日本代表としての期待が集まります。
そう言えば、2010年のアフリカワールドカップにも長友佑都は出場していました。

長友佑都に限らず、スポーツ選手が有名になるとスポーツ以外の部分も注目されるようになります。
オフに何をしたという話から過去のプライベートな話まで、ジャンルは限られません。
長友佑都についても、最近少しずつ語られるようになりました。
特に、母子家庭という話は広く知られるようになったと思います。
長友佑都の経歴を見ると、順風満帆なサッカーエリートのような印象を受けるかもしれません。
しかし実際にはセレクションに落ちたり練習を放棄したりと、長友佑都は幾つもの山を乗り越えています。
そして、その山を乗り越える原動力として母親の存在が大きく語られています。
長友佑都の才能と努力は、間違いなく今の活躍の土台となっているでしょう。
ただ、それだけでなく母親もまた今の長友佑都を作り上げる上で欠かせない存在なのかもしれません。
無粋な美談と捉えなくても、等身大の母と子のあるべき姿を長友佑都から垣間見た方も多いのではないでしょうか。

長友佑都は既に、世界中で高く評価されています。
しかし、これからの選手でもあるのです。
サッカー選手として最も充実する時期が20代後半だとするなら、長友佑都のピークは2014年のワールドカップブラジル大会の頃になります。
ちょうど、本田圭佑も長友佑都と同じような年でしたね。
サッカーファンのみならず、今からワールドカップが楽しみになるでしょう。
にわかサポーターとして騒ぐのも面白いですが、せっかくなら長友佑都について少しでも詳しくなってみませんか。
ポジションやプレースタイルなど、基本的なところから長友佑都のプライベートまでチェックしてみましょう。
ブログやサイトを利用すると、長友佑都について簡単に情報収集できます。

-人物, 芸能
-

Copyright© 知恵の輪 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.