母子家庭

人物 芸能

長友佑都の身長

投稿日:2016年12月10日 更新日:

母子家庭長友佑都の注目度が凄いです。
既に、サッカーファンだけでなく普段あまりサッカーを見ないという方も長友佑都の活躍に期待しているのではないでしょうか。
因みに、長友佑都はイタリアのACチェゼーナというクラブに移籍しています。
現在は、期間限定でインテルというクラブに所属しています。
このインテルに所属した事が、長友佑都の名前を一気に注目させたといっても過言ではありません。
サッカーをあまり知らないという方でも、長友佑都の名前と同様に聞いた事があるのではないでしょうか。
世界を代表するサッカークラブです。
事実、長友佑都が移籍する前の年にはチャンピオンズリーグやクラブワールドカップという大きな大会で優勝しています。
あのインテルに、という理由から長友佑都に注目した方も多いように思います。

長友佑都が評価される点は色々あります。
さて、問題というほど難しいものではありませんがサッカーで長友佑都はどこのポジションかをご存知でしょうか。
ディフェンダーの、それも端っこになるサイドバックというポジションを長友佑都は得意としています。
とは言え、昔からずっとサイドバックを守っていた訳ではありません。
長友佑都の経歴は、見ているだけで面白いので一度チェックしてみると良いかもしれません。
そんな長友佑都が高く評価されているポイントの一つに、スタミナが挙げられるでしょう。
サッカー選手は基本的に試合の中でたくさん走り、そのなかでも長友佑都が守るサイドバックは特に走る事を要求されます。
あっけなくバテていたのでは、サッカーどころではありません。
また、身体能力の高さも評価されています。
ただ、そんな長友佑都にも欠点があるようです。

長友佑都は、あまり体格に恵まれていません。
サッカー選手として、というより日本人の成人男性の平均より長友佑都の身長は低いのではないでしょうか。
しかし今、長友佑都は世界を舞台に活躍しています。
確かにサッカーをするなら身長は高いほうが有利ですが、長友佑都のように時として身長を感じさせないプレーを見せることもあります。
身長のハンディは身体能力でカバーして、というスタイルだと言えるでしょう。
スタミナだけでなくフィジカル、つまり相手からのプレッシャーにも強くサイドバックとして活躍する要素を長友佑都は持っているのです。
攻撃に守備にと忙しい長友佑都は、試合中で注目する場面は多いかもしれません。
今からチェックしておけば、次のワールドカップには主力選手として大きく登場するに出会えるでしょう。
ブログやサイトを利用すれば、長友佑都について詳しい情報を簡単に収集することが出来ます。

-人物, 芸能
-

Copyright© 知恵の輪 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.