橋本愛 芸能

橋本愛のCM

投稿日:

橋本愛は、美少女として注目されていますが、代々木ゼミナールのCMで、大きな話題を呼びました。
代ゼミの合格予告編、未来を変える篇では、橋本愛の魅力をしっかりと見ることができます。
たたずまいが絵になる美少女という表現がピッタリなのが橋本愛なので、そんな彼女がCMに起用されるというのは、ホントに納得できます。
大ヒットした映画、告白では、橋本愛は、物語のキーとなるクラスの委員長役を好演しています。
映画、CMで注目を集めた橋本愛は、そこに彼女が立っているだけで、物語を感じさせる力があります。
とにかく、これから何かが起きそうな予感を感じさせるのが橋本愛で、その眼力の強さは圧巻です。
人を惹きつける存在感を持つ橋本愛のインパクトは強力で、CMとの相性はまさに抜群といっていいでしょう。
最近、橋本愛はインタビューにも応じていて、映画、告白の撮影秘話から素顔まで、いろんな話をしています。

橋本愛は、2008年に所属事務所が主催した、SMAニューカムHuA HuAオーディションで、グランプリを受賞しています。
その後、芸能活動をスタートした橋本愛は、映画、告白に出演し、注目されることになります。
オーディションで選ばれて出演が決定した橋本愛は、撮影がはじまる2ヶ月も前から、中島哲也監督の下、特訓が行われました。
その様子を、橋本愛は、最初は、自分の学校の校歌を歌ったり、校歌の歌詞をせりふにして芝居をしていたと述懐しています。
また、自分じゃない人間になる特訓をしたと橋本愛は伝えていて、その特訓は男子生徒ふたりとの3人だけでやったので、孤独な作業だったとかたっています。
また、橋本愛は、監督に言われた通りにできない力不足な自分が、はがゆくて仕方なかったと言っています。
しかし、撮影現場では、他のクラスメイト役の人たちも一緒だったので、話し合うこともできて橋本愛は、心強かったと、目を輝かせました。

橋本愛は、ミスセブンティーンにも2009に選ばれていて、SEVENTEENの専属モデルをつとめるなど、色々なジャンルで活躍しています。
そして、製薬会社、MSDの企業CMである、みらいをつくる篇では、宇宙飛行士を夢見る少女役を橋本愛は巧みに演じています。
このCMの際、橋本愛は、未来の自分も演じるために、特殊メイクをしていたので、うまく笑えなかったと言っています。
また、CMでは、宇宙服がすごく重く、橋本愛は、すごく肩がこったと言っています。
印象の強いCMになったことで、橋本愛のCMは大成功と言っていいでしょう。
橋本愛は、女優としては、蒼井優や堀北真希のようなシャープな切れ味があり、CMでは、宮崎あおいや新垣結衣のような柔らかな少女性があります。

-橋本愛, 芸能
-,

Copyright© 知恵の輪 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.