おくすり手帳 健康

おくすり手帳は発行無料

投稿日:2017年3月10日 更新日:


おくすり手帳の発行自体は無料なので、薬局で受取って持っている方も多いでしょう。
我が家もおくすり手帳を発行してもらい、1人に1冊持っています。
そして発行してもらったおくすり手帳は、病院へ行くときや、薬局へ行くときに、必ず携帯するようにしています。
発行されているおくすり手帳には、自分の個人情報が掲載されています。
現在服用している薬の情報はもちろんのこと、今まで何を服用してきたのか、発行されているおくすり手帳には、薬の服用履歴が記載されています。
また、氏名、生年月日はもちろんのこと、発行されているおくすり手帳には、緊急連絡先や住所も記載されています。
そして発行されているおくすり手帳には、過去の病歴やアレルギーの有無も記載されています。
ですから発行されているおくすり手帳を病院へ行くときに持っていくと、自分の状態を医師へ簡単に伝えることができます。

おくすり手帳の発行は、2012年の4月に義務化されました。
東日本大震災のとき、被災された方への治療に、発行されているおくすり手帳が大変有効だったのだとか。
被災されている方が上手に話をできない状態であっても、発行されているおくすり手帳があれば、病気の履歴、薬の履歴を医師や薬剤師は把握することができます。
ですからおくすり手帳の発行は義務化され、2012年以降、薬局へ行くと、持っているかどうかを尋ねられると思います。
おくすり手帳は持っていると自分が病気になったときに大変便利なので、発行されて持っていない方は、持つことをオススメします。
発行されたおくすり手帳があれば、自分が服用している薬の管理が大変楽になります。
また、薬を処方してもらうとき、発行されたおくすり手帳があれば、薬が重複して処方されたり、飲み合せの悪い薬が処方されるのを避けることができます。

おくすり手帳の発行が義務化される前は、お薬の管理費用と情報提供料金は別でした。
しかしおくすり手帳の発行が義務化されると、お薬の管理費用と情報提供料金は一本化され、薬局で支払う料金が増えた方がいるようです。
おくすり手帳の発行が義務化されて以来、費用が気になっている方もいるようです。
以前は、発行されたおくすり手帳に貼る薬のシールを断ると、情報提供料金が徴収されませんでした。
しかしおくすり手帳の発行が義務化された今、シールを断っても、断らなくても、費用は同じです。

-おくすり手帳, 健康
-,

Copyright© 知恵の輪 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.