インディーズバンド 芸能

インディーズバンドとは

投稿日:

インディーズバンドという言葉を、音楽番組などでよく聞くことがあると思います。
メジャーなバンドでも、インディーズバンド時代の話なんかをすることもあるでしょう。
インディーズバンドというのは、簡単に言うと、大手の会社に所属していないバンドのことですよね。
大手の会社と契約していれば、インディーズバンドとは、普通言われませんね。
そう考えると、わたしは音楽には素人ですし、がめついので、インディーズバンドについて、こんなイメージがあります。
いつかメジャーデビューすることを夢見てがんばっているのがインディーズバンドであると。
そして、大手に声をかけられ、メジャーデビューしたバンドは、もうインディーズバンドに戻らないと。
しかしメジャーデビューした後も、インディーズバンドに戻る人たちもいるみたいですよ。

インディーズバンドですが、メジャーでないからと言って、マイナーというわけでもないようです。
メジャーで活躍をしているバンドが、インディーズバンド時代から知っていたら、なんとなく鼻が高くないですか。
わたしも爆笑問題を、ブレイク前から知っていました・・・インディーズバンドじゃなくて漫才師ですが。
あと、インディーズバンドのイメージとしては、自分たちで作った曲で勝負するというのがないですか。
インディーズバンドはあまりメジャーではないですから、プロの作詞家や作曲家とはあまり接点がなさそうです。
いや、もちろんインディーズバンドでも、作詞や作曲をやってもらう人や、プロの人と接点がある人もいるでしょうが。
それに、インディーズバンドは自分の好きなように曲を作っていける利点がありそうです。

インディーズバンドというのは、はたして、どこからどこまでを言うんでしょうかね。
いまどき、インディーズバンドという言い方をしなくても、自作の曲は誰でも売れる時代です。
また、動画サイトで、自作の曲をどんどんアピールしていける時代でもありますよね。
インターネットが普及してから、インディーズバンドも活躍の幅を広げたでしょうね。
さて、自作の曲をネットなどで発表・販売している人たちは、インディーズバンドと言えるのでしょうか。
大手と契約していないけど音楽活動をしているという点では、インディーズバンドと言ってもいいのでしょうか。
まあともかく、これからも多くのインディーズバンドが生まれていくことでしょうね。

-インディーズバンド, 芸能

Copyright© 知恵の輪 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.