トイレ収納 住宅

埋め込み式トイレ収納

投稿日:

トイレ収納というと、昔人間の私なんぞは、頭上のつり棚を思い浮かべてしまうのですが・・・、今は違うんですね。
勿論、棚によるトイレ収納というのは、今も昔も定番ではあるんですよ。
ただ、最近はとにかく収納力のある家というのがもてはやされているじゃないですか。
だから、当然ですが、トイレ収納というのも設計段階からしっかりと重視されているんですね。
つまり、昔のように、入居者が引っ越してから棚をコンコン取り付ける時代ではないという事です。
そういう最初からトイレ収納の完備されたお宅、骨董品的市営住宅に暮らす私どもには、ただただ羨ましい限りでございます。
まあトイレに限らず、最近の新しいお宅は、見る場所全てが羨ましくなるんですけどね。
トイレ収納は勿論の事、洗面所やリビング、そしてキッチンの収納が非常に充実していますから・・・。
中でも、特に私が羨ましく思うのは、空間利用を超えたトイレ収納です。
我が家が建った1960年代には、空間利用を超えた収納というと、押し入れ位しかありませんでした。
それが今では廊下やリビングなどのクローゼットが定番化し、その流れがトイレ収納にまで押し寄せているんですね。

トイレ収納の中でも、非常に合理的なのがクローゼット感覚の収納スペースです。
そう、壁の中の戸を開ければ、予備のトイレットペーパーやタオルなどが出て来るという埋め込み式のトイレ収納。
棚は自分で後から取り付ける事が出来ても、壁をくりぬくというのは大変な作業ですからね。
ましてや我が家のような賃貸住まいでは、まず出来ないと言ってもいいトイレ収納です。
でも、頭上に棚を付ければ、どうしても上の荷物が目立つし、地震などで落ちて来る可能性も否めません。
最も定番である従来のつり棚を使ったトイレ収納は、最も危険な収納法であるとも言えるのです。
かと言って、床に置く隙間家具を使うと、どうしても狭くなって掃除などが厄介です。
こうした問題点を世にもあっさり解決してくれるトイレ収納、それこそが埋め込み式の戸棚なのです。
廊下やリビングのクローゼットと同様、私が羨ましくなる気持ちも分かっていただけるでしょう。
特に我が家のような狭いトイレには最高級のトイレ収納だと私は思いますね。
もし、もしですよ、あくまでももしの話ですが、もしマイホームを持つ事があれば、主婦としてはやはり収納には思い切り拘りたいところです。
そして、その際は絶対に埋め込み式のトイレ収納を取入れたいと思いますね。

トイレ収納はトイレが狭ければ狭いほど重要視せざるを得ません。
我が家なんぞは、頭上に突っ張り棚を2段もつけ、トイレ収納に必死に勤しんでいます。
そんな中、何とか憧れの埋め込み式の棚を取り付けられないものかと、住まい関連のブログやサイトをあれこれ見ていたんですけどね。
実際、埋め込み式のトイレ収納というのは、通販でも市販されている事は市販されているようです。
ただ、やはり後付けは難しく、取り分け我が家のような賃貸では諦めた方が無難なのは確かなようですね。
けれど、いろいろな埋め込み式のトイレ収納家具があるというのは、今回見たブログやサイトでよく分かりました。
なので、これから夢のマイホームを持たれる方は是非、その辺りにも拘って欲しいですね。
たかがトイレと思わず、トイレ収納にも拘りを持たれると楽しいのではないかと私は思います。

-トイレ収納, 住宅
-

Copyright© 知恵の輪 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.