幼児教育 教育

幼児の英語教育の方法のメリットとデメリット

投稿日:

幼児の英語教育の方法は、2つに大きく分けることができます。
1つは幼児の英語教育教室に通う方法です。
そして、もう1つは幼児の英語教育を通信教材で学ばせる方法でしょう。
どちらの幼児の英語教育の方法にも、メリットとデメリットがあります。
ですから自分の子どもには幼児の英語教育教室が良いのか、それとも通信教育が良いのか、親が冷静に見極めて、子どもにぴったりな方法を選んであげてください。
幼児の英語教育教室のメリットは、生の英語を直接聴くことができる点にあるでしょう。
教室で英語を話す先生は発音がしっかりとしているので、幼児の英語教育教室で先生の発音を聴けば、英語耳がしっかりと育ちます。
また、子どもが理解できなければ何度でも幼児の英語教育教室の先生は英語をリピートしてくれます。
通信教育もリピートして英語を聴くことができますが、幼児の英語教育教室の先生ほどピンポイントにはリピートしてくれません。

幼児の英語教育教室の先生は子どもの様子を見て、その子のペースに合わせて英語を教えてくれます。
ですから幼児の英語教育教室なら、子どもに無理なく英語を学ばせることができるでしょう。
また、幼児の英語教育教室は、児童英検に対応しているところが多く見られます。
児童英検とは中学生や高校生、社会人が受ける英検の児童版で、幼児の英語教育教室に通えば児童英検を受けることができるでしょう。
英検はいうまでもなく、中学生になったら受けておいたほうが良い検定試験ですから、幼児の英語教育の頃から試験の習慣を身につけておくと良いのではないでしょうか。
ただ、幼児の英語教育教室はメリットばかりでなく、デメリットもあります。
デメリットとしては、幼児の英語教育教室は通信教育に比べて費用が高いということを挙げることができるでしょう。

幼児の英語教育教室は通信教育の倍近い費用がかかるのではないでしょうか。
しかし、対面式で英語を教えてもらえる幼児の英語教育教室は、費用が高くても通う価値があるかもしれません。

幼児の英語教育の通信教育は、親と子どもの都合に合わせて学べるところにメリットがあるでしょう。
決められた時間に行かなければならない幼児の英語教育教室とは異なり、通信教育なら好きな時間に学ぶことができます。
また、幼児の英語教育教室に比べ、費用が安いのも通信教育のメリットでしょう。
ただ、幼児の英語教育の通信教育は、直接英語を聴くことができません。
英語を聴くことはできても、幼児の英語教育の通信教育で聴ける英語は、スピーカーを通した英語です。
また、一方的にスピーカーから英語が流れてくるだけなので、子どもによっては幼児の英語教育に飽きることがあります。

-幼児教育, 教育
-, ,

Copyright© 知恵の輪 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.