幼児教育 教育

幼児の英語教育の弊害

投稿日:2017年5月21日 更新日:

幼児の英語教育の弊害として考えられるのは、日本語の習得が遅れるかもしれないということでしょう。
人間は1日24時間しかなく、それは大人も子どもも同じで、幼児の英語教育に時間を割けば、その分日本語教育に割く時間は少なくなります。
また、日本語がたどたどしいのにも関わらず幼児の英語教育のおかげで英語が話せるというのは、大変アンバランスです。
大人の方で英語はペラペラなのにも関わらず日本語の発音が少々おかしい方を見かけることがありますが、幼児の英語教育でも同じ弊害が出ることが考えられます。
幼児の英語教育を受けて英語が話せても、日本語がおかしい子どもがいます。
「おいしい」がきちんと発音できずに「おいちい」と発音しても、幼児の英語教育を受ければキレイな英語で「Yummy」と発音できるようになるでしょう。
英語の発音は幼児の英語教育のおかげでしっかりとしているのにも関わらず、肝心の日本語の発音がおかしいのは問題があるのではないでしょうか。

幼児の英語教育を子どもに受けさせたママが近所にいましたが、そのママは大変後悔していました。
30万円ほどする高額な幼児の英語教育教材を購入し、英語教室にも通って子どもに英語を習得させようとしたのですが、子どもは全く英語を話せるようになりませんでした。
幼児の英語教育で子どもが英語を話せるようになるためには、日常生活でも英語を取り入れる必要があります。
英語に触れる機会を増やさないと、幼児の英語教育を受けても子どもは英語を話せるようにはなりません。
しかし、子どもは英語を話すよりも日本語を話すほうが日常生活を送る上で楽なので、幼児の英語教育を受けさせても英語を話しません。
その家は幼児の英語教育教室から、毎日英語を取り入れた日常会話をこなすようにと言われたそうです。
しかし、そのママは英語を話すことができないので、幼児の英語教育教室へ通ってはいても、家で英語を話すということは実践していませんでした。

幼児の英語教育教室に小学校になると通うのを辞めてしまいました。
その後、小学生を対象とした塾に通い、そこで英語を学んでいたようですが、結局幼児の英語教育の効果はなく、その子どもは英語を全く話せません。
「30万円もしたのに」と後悔しても、子どもが幼児の英語教育に興味を持たなければ、英語は身に付かないようです。
その子は我が家の長男と同級生で、現在中学生ですが、幼児の英語教育の効果は全くなく、英語は大の苦手教科になっていると聞きました。
幼児の英語教育の弊害はその家庭によって異なるかもしれませんが、最も良いのは、子どもが英語に興味をもち、自ら学ぼうとする姿勢を持つことなのではないでしょうか。
自ら英語を学びたいと思えば、幼児期に幼児の英語教育を受けなくても、大人になってから学んで充分英語を話すことができるようになります。

-幼児教育, 教育
-,

Copyright© 知恵の輪 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.