幼児教育 教育

幼児の英語教育の開始年齢

投稿日:2017年5月21日 更新日:

幼児の英語教育は年齢的に何歳から始めれば良いのか、疑問に思う方は多いでしょう。
英語の学習は早いうちに始めると良いと聞くので、赤ちゃんの時期から幼児の英語教育に通わせるママもいます。
また、日本語の習得が遅れるからと、幼児の英語教育は避け、中学生ぐらいになってから英語塾に通わせるママもいます。
どちらのママの教育方針も間違いではありませんし、幼児の英語教育は子どもの成長を見ながら進めていくと良いのではないでしょうか。
英語に興味もないのに幼児の英語教育教室へ無理に行かせても、子どもが可哀想なだけです。
無理に英語を習得させようと幼児の英語教育へ行かせても、嫌な思い出ばかりが残ってしまうかもしれません。
逆に幼児の英語教育教室が楽しく、英語の日が待ち遠しい子どももいるでしょう。

幼児の英語教育は英語を話せるようになるというよりも、英語に対する抵抗感を失くすための教室と考えて良いでしょう。
英語に対して抵抗感を持つ大人は大変多いので、幼児期から幼児の英語教育教室に通わせておけば、英語に対する抵抗感は少なくなるのではないでしょうか。
幼児の英語教育ですが、ちなみに我が家の子どもは3歳から受けていました。
親が子どもをバイリンガルに育てるためというよりも、子どもが通っている幼稚園が幼児の英語教育を取り入れていたからです。
その幼稚園は学ぶことよりも遊ぶことに力を入れていた幼稚園なのですが、それでも幼児の英語教育や体操教室、リトミックなど、様々なことを子どもに学習させていました。
我が家の子どもは幼稚園の幼児の英語教育で、英語を使った数の数え方を教わりました。
覚えたての頃は、幼児の英語教育で習った英語で、よく数を数えていました。

幼児の英語教育で、幼稚園では動物の名前を英語で教えていました。
ですから家で動物の絵を見ると、幼児の英語教育の成果か、英語で動物の名前を話していました。
きっと、幼稚園の幼児の英語教育が大変楽しかったのでしょう。
現在、我が家の子どもは中学生と小学生で、小学校では英語が必須となり、幼児の英語教育のような英語を学習しています。
英語で数を数える、英語で色を言う、英語で買い物をするといった授業内容で、親としては幼稚園の頃の幼児の英語教育と内容が変わらないのではないかと思ってしまいます。
幼児の英語教育にしても小学校の英語の授業にしても、英語が話せるというよりは、英語に親しむことに重点を置いているからかもしれません。

-幼児教育, 教育
-,

Copyright© 知恵の輪 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.